Cozy Little Room by Kohji(幸治)

cozykoji.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 23日

札幌・小樽・裕次郎..そしてELVIS。。

21日の札幌のイベントも無事終了、応援して下さった方々やスタッフ皆様に改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
(佐賀のHidevisサン、サイトからの応援有難うございます!)

意外にも(?)初めての北海道だったのですが、首都圏の夏の暑さや湿度に参っている身には大変有難い涼しさと湿気の少なさでした。夕方以降は肌寒いほど。イベントの翌日に小樽へ出向いたのですが、海辺だというのにジトッとせず涼しい。夏に弱いKoJiには何とも心地良い。。

小樽での一番の目的地は「石原裕次郎記念館」。米メンフィスのエルヴィスの自宅「グレースランド」をヒントに作られたこの記念館、裕次郎という人の大きさを改めて感じさせます。熱心なファンなら1日中いても飽きないでしょう。(もはや歴史上の人物である石原裕次郎を“裕次郎さん”などと言う気になれません。)
入口にある等身大パネルと並んで立ってみたら、KoJiよりちょっと背が高かったです。

KoJiが常々「日本のエルヴィス」と考えている裕次郎。誕生日は裕次郎が1934年12月28日、エルヴィスが1935年1月8日。命日はエルヴィスが1977年8月16日(日本時間17日)・42歳、裕次郎が1987年7月17日・52歳。エルヴィスが「ハートブレイク・ホテル」で、裕次郎が映画「狂った果実」でブレークしたのはともに1956年で、二人とも既成のモラルや大人達の価値観をぶち壊し、初めは上の世代からひんしゅくを買いながらも、すぐに国民的大ヒーローに…それから今年でちょうど半世紀。そして来年でエルヴィス没後30年、裕次郎没後20年。時のたつのは早いもの。。

(2006年07月23日 記)
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2006-07-23 00:00 | ライブ、イベント


<< エルヴィス祭り      満員御礼! >>