2007年 06月 07日

命の洗濯!! ザ・プレイヤーズ in 六本木

ついに目の前で!
“Music City USA”テネシー州ナッシュヴィル最高の音楽…カントリー、ロック、ジャズ、R&B、etc.が、懐深い豊かな音色、リズムの中で縦横無尽・自由自在に入りまじり、飛びかう、世界最高級のライヴ。バンド・ミュージックの一つの究極の理想像。
であるとともに、これはナッシュヴィルでは全く普通のことであるのも事実。
「ナッシュヴィルの音楽ってどんなもの?」「はい、これです!」という最適のサンプルがこのThe Players、というわけです(とは、Dr.Kのお言葉でもあります)。

最高の音楽を奏でる名手達は、実は皆とても気さくなナイス・ガイ。そう、こういうのもとても「ナッシュヴィル」な感じなのです。
本当に心地よく、素晴らしい夜でした。変な言い方かもしれませんが、自分としては、久々に“命の洗濯”をした!という気持ちがしています♪

ご来場された皆様、本当に素晴らしいコンサートでしたね。この日本にいながらにして、ご一緒に最高のナッシュヴィル・ミュージック体験ができたことを心から喜び合おうではありませんか。How lucky we are!

<出演>ザ・プレイヤーズ
<ゲスト>(登場順) KoJi/indigo blueマンディー・バーネットロドニー・クローウェル

************************************************************************
d0087183_5584015.jpgKoJiリハーサル・シーン。
今回の演目は、
T-R-O-U-B-L-E(恋のトラブル) と
Make the World Go Away
(想い出のバラード) に決定。
ポール・フランクリンのイントロで始まるMake the World Go Away・・・
素晴らしすぎ!








************************************************************************
d0087183_6145835.jpgd0087183_673215.jpg















今回、ステージ写真撮影がうまくいきませんでしたが、貴重な機会ゆえに敢えて掲載させていただきます。ご了承下さい。
右はカントリー界のスーパースター・シンガーソングライター、ロドニークローウェル

************************************************************************
d0087183_19212837.jpg
d0087183_19221420.jpg





















ステージ以外の写真はうまくいきました♪ 楽屋の外で・・・
左:ナッシュヴィルの歌姫、マンディー・バーネットと。(心なしかKoJiの顔にシマリがないが、許されよ☆)
右:ベースのマイケル・ローズ(左)、スティール・ギターのポール・フランクリン(右)と

************************************************************************
d0087183_19282766.jpgd0087183_19284716.jpg























右:軽業師ブレント♪ さ~ぁ、体勢を整えてから・・・パッと振り向きざまに着座! You can have another profession!(・・・なわけないやん。。)
右:(左から)ドラムスのエディ・ベイヤーズ、KoJi、ポール・フランクリン、キーボードのジョン・ホブズ。中央着座がギターのブレント・メイソン。

************************************************************************
d0087183_2373193.jpgd0087183_2374935.jpgマンディー・ファンのために…マンディーちゃん単独画像です。(あゝ、何と親切なブログ☆)
素晴らしいシンガーです。
それに、こちらのヒドい英語にもかかわらず、とても話しやすい素敵な人でした。
Thank you, Mandy. You're so young and beautiful~♪














************************************************************************
d0087183_23304417.jpgVIPな図。左から、作詞家の松本礼児さん、湯川れい子御大、一人おいて、作・編曲家でブルー・コメッツのキーボードの小田啓義さん、山崎芙美子さん(良い方です☆)













************************************************************************
d0087183_23441153.jpgこれまたVIP。湯川御大と、カントリー音楽評論家の島田 耕(たがやす)さん。島田さんは古くから数多くのカントリーのレコード&CDのライナー・ノーツ等を手がけられていますが、そういえば、1981年発売のエルヴィスの「ギター・マン~ニュー・エディション」のライナーも書かれていましたね。
この時、元「モーニング娘。」の、お人形のような某アイドルさんお二人が(さて、誰でしょう?)、事務所の方と一緒に湯川御大にご挨拶に来られ、VIP度に拍車がかかる。





************************************************************************
d0087183_041980.jpg素敵なデュオ、インディゴ・ブルーのお二人と、彼らの所属事務所でもある小澤音楽事務所の小澤 惇会長。この御世代ではほとんどありえない長身の小澤さん、ダンディーである。今回の出演のお話はこの小澤会長から頂きました。深謝☆










************************************************************************
d0087183_012263.jpgBMGジャパンのエルヴィス担当者でもある松山卓哉さん。一口にレコード会社と言っても、実際にはピン~キリ色々のようですが、このライヴに足を運ばれるあたりは、やはり「違いのわかる会社」の「違いのわかるオトコ」☆















************************************************************************
d0087183_0334399.jpg出ました、Dr.Kファミリ~!Dr.Kのご長男の孝音(たかなり)君(ほどんとモデルみたいです)、彼の幼なじみでもあるミュージシャンのAisaちゃん、そしてなぜか赤ら顔をされている徳武弘文(Dr.K)氏。
What's the matter~?












************************************************************************
d0087183_039648.jpg誰あろう、ロドニー・クローウェルその人!ここではちょっとお疲れにも見受けられるような表情だが、彼もまた実に気さくでいい人。「長年のファンです」と言うと「今日は同じような立場で出演するんだから、平等だよ!」なんて言ってくれた。You're great, Rodney!












************************************************************************
d0087183_0431770.jpg最後に、今回の来日公演の仕掛人、四方敬士(KC Shikata)氏と共に指圧の心でサムズ・アップ。四方氏はナッシュヴィル在住のコーディネーターで、現地で仕事をする際に、彼の世話にならない日本人ミュージシャンはまずない。れっきとした日本人で、心優しき好人物。ナッシュヴィル音楽にかける情熱は、最近のトレンドでもあるその濃いクチの美顔よりも暑い熱い。貴重な存在である。彼なくして、今回のザ・プレイヤーズ来日公演はありえず。改めてMrケイシーに、心からの謝辞を送りたいと思います。ありがとう、グレイト・ケイシー!(ケーシーと言っても高峰さんとは関係なし。)










************************************************************************
この感動も冷めやらない本日7日より、米テネシー州メンフィスへ行ってきます。帰国が15日ですので、次の記事のUPは恐らく16日以降となります。それまでは、今までの記事等をまたじっくりお読み頂ければと思います。
・・・とか何とか言っているうちに、今度はすぐジェームス・バートン来日公演です♪ あゝ、目まぐるしい・・・しかし、素晴らしい!
それでは皆さん、またお会いしましょう。See you soon! Thank y'all ☆

************************************************************************
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2007-06-07 09:47 | ライブ、イベント


<< メンフィス速報      忘れないで >>