Cozy Little Room by Kohji(幸治)

cozykoji.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 21日

もうひとつのディナー・ショー決定!12月3日掛川グランドホテル

12月3日(日)、静岡県掛川市の掛川グランドホテルにてディナー・コンサートを実施することが急遽決定致しました。“凱旋ディナーショー”という勇ましいタイトルを掛グラさんにつけて頂いており、若干テレくさい気もしていますが、母校の街でもあるこの掛川に初めて、銀座タクト等でおなじみのバンドと一緒に乗り込む、ということで張り切っています☆ ご都合の宜しい皆様は、お早めにチケットを入手して頂ければと思います。
掛川グランドホテルは、JR掛川駅(東海道新幹線こだま号停車駅)南口を出てすぐの所です。

その1週間前、11/25ブルーパシフィックのチケットは、残りわずかとなっております。こちらもご希望の方はどうかお早めにお申込下さい。

皆様とお会いできることを楽しみにしております。どうぞヨロシク!
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2006-10-21 22:19 | お知らせ
2006年 10月 14日

10/12・13

12日銀座タクトの、久々「エルヴィス・ナイト」。尾形直人君・片田サトル君とKoJiの3人、という顔合わせは初めてで、何か新鮮で楽しいものでした。おかげさまでまた盛り上がりました。この日の模様は、当HP管理者の邦太郎氏の手によって、間もなく早業UPされるようですので、楽しみです。

さて、翌13日は、東京都の郊外、多摩地区の福生(ふっさ)にある有名な「石川酒造」というところで、Dr.K(徳武弘文氏)達と共に、プライベート・パーティーでのライブをやってきました。地元では古くから有名な酒蔵ですが、ここがまたすごい所で・・
酒蔵、ビール工場、レストラン、そば&和食屋、酒屋、宴会場、石川家家屋が全て同じ地所にあり、どれも立派な日本風の概観。加えて、樹齢400年とか700年の「御神木」まで、しかも何本かそびえ立っていて、豪族の蔵屋敷プラス神社風とでも言うか、屋敷全体に、酒と木が醸し出す何とも良い香りも漂い、実に心地よい。。
そんな場所で、Dr.Kと一緒にアメリカン・ミュージックを奏で、そこに石川酒造社長(と言ってもまだ若い!)・石川太郎氏がブルース・ハープ(ハーモニカ)で加わり(福生周辺のブルース関係の顔役だとか)、大いに盛り上がる、という、楽しくも不思議な感覚のイベントでした。
酒蔵、というと、下戸のKoJiには無縁なようですが、しかし!ここのビール・日本酒は「これは違う、うまい!」と感動しました(ほとんどナメただけでしたが..)。まず水が良いのです(KoJiのアルコールへの第一歩となるか・・?)。
機会があれば、皆さんも是非立ち寄られてはいかがでしょうか。行ってみる価値のあるところだと思います。

石川酒造株式会社 http://www.tamajiman.com/top.html
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2006-10-14 22:22 | ライブ、イベント
2006年 10月 07日

KoJiにとってのELVIS

その手のライブを長年やっているので自然なことなのでしょうが、「KoJiさんは、音楽はやっぱりエルヴィスが一番好きで、おうちではいつも聴いているんですよね?」などと言われることが多いのですが、これが実際には、バンドの資料作りとか原稿書き等々の必要時以外でエルヴィスをじっくり聴く、ということはまず滅多にない、というのが現実なんです。そもそも、音楽だけをじっくり聴いている時間自体があまりないうえに、聴くべきものが多過ぎる・・まぁ喜ばしいことなんですが。
エルヴィスしか見えないくらいのめりこんでいたのは、彼のファンになった小学生時代から10代の頃。この多感な時期にどっぷりエルヴィスに浸かっていたため、いつしか自分にとってエルヴィスというのは、空気や水のような存在となっていました。その後は、彼の音楽ルーツをたどったり、そこからまた様々な音楽に興味が拡がり、改めて彼の独特さを何度となく再確認したり・・ですが、敢えてエルヴィスそのものを聴くということはめっきり少なくなりました。でも“空気や水”が、特に意識はしなくとも必ず周りにあり、またなくてはならないものであるのと同じように、エルヴィス音楽はいつも自分の中や周囲にあります。
それに、自分の場合、特にエルヴィスを意識してやっているわけではなくとも、いつもどこかでエルヴィス関連の事柄に進路を左右させられている、という、何かさだめのようなものも感じています。
だから、ことエルヴィスに関しては、一般的な意味での“誰々のファン”という言い方は、自分にはしっくりこないんですね。
KoJiにとってのエルヴィスとは、そんな存在です。
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2006-10-07 00:41 | music