<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 09日

アコースティック・ライヴ

1月6日東京・7日大阪と2日間に渡って、たった一人でのアコースティック・ライヴをやらせていただきました。昔々学生時代に、小さなパブなどで多少そういうのをやったことはありましたが、今回のようにホールのステージでたった一人、というのはなかったと思います。フタを開けてみるまでどんな風になるかわかりませんでしたが、やってみると案外スムーズに行って、先日述べたように「やはり今年の目標はアコースティック・ライヴを充実させることだ!」と改めて思いました。バンドではやらない曲を、気の向くまま(?)に、自由にやれるこの形は、ライヴ活動の原点でもあります。ゴスペル・ナンバーが好評だったのも嬉しいことでした。今後そういうものもどんどんやっていきたいと思っています。
大阪にはまたお伺いさせていただきますね(どうも自分は関西ってかなり好きみたいです☆)。できるだけ近いうちに。。皆さん、またお会いしましょう♪
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2007-01-09 00:00 | ライブ、イベント
2007年 01月 05日

The Godfather of Soul, Ja~~mes Brown!!

本当はもっと早く触れるべきだったのですが・・ちょっと時間が必要でした。。

巨星墜つ。

“ゴッドファーザー・オブ・ソウル”“ショービジネス界1番の働き者”“ザ・キング・オブ・ソウル”・・etc,etc..のJames Brown(ジェームス・ブラウン)が、昨年のクリスマスに逝去。享年73才。
自分が大学時代に最ものめり込んだアーティストの一人で、世界中のソウル・ファンと同じく、JBは僕にとってもずっと特別な存在でした。2004年のレイ・チャールズに続く、歴史的スーパー・スターの死。ソウル・ミュージックにとっての彼の死というのは、ロックンロールにとってのエルヴィス・プレスリー、カントリーにとってのジョニー・キャッシュ、日本の演歌・歌謡曲にとっての美空ひばり等の死と同レベルのものだと言えるでしょう。要するに、絶対的なオリジナリティーと存在感を持つ、そのジャンルのシンボルたる巨星(プラス、それでいてそのジャンルを超越している才能)。
ファンク、ディスコ、ヒップ・ホップ、ラップ・・JBなしでこれらの誕生を考えることは僕にはできません。そして、そのJB自身のルーツは、(エルヴィスやキャッシュも白人側でそうだったように)やはりゴスペルでした。
ソウル・ミュージックの革新者だっただけでなく、常に自分が“ブラック”であることを誇りとし、苦しい時代の黒人達の代弁者、精神的支柱のような存在でもあり続けた、最大・最後の超ビッグ・スター、JB。僭越ながら、青き時代の自分に大いに勇気とエネルギーを与えてくれた彼に感謝を捧げ、ご冥福をお祈り致します。

参考ページ
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_12_27.html
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2007-01-05 00:00 | music
2007年 01月 02日

謹賀新年

大晦日のSBSラジオでの生中継ミニライヴをもって、2006年の活動が終了しました。
この日、特筆すべきは、静岡ケントス「フルハウス」のバンド・リーダー、渡辺 博さんのプレイでした。僕にとっては、二人でやるのが初めてとは思えないほどやりやすく、会場のお客さん達も、多分初めて体験されたであろう“ピアノとギターのアコースティック・サウンド”によるロカビリーや、歌心溢れるピアノにサポートされたバラード・・実際の会場でのサウンドと放送にのったそれとでは当然かなり感じが違うとは思いますが、まずは本当にやってよかった!と実感しています。
これを機会に、今後彼とはちょくちょくやっていけたらいいなと思っています。そんな際には、静岡ケントスで彼をご存知の方々はもちろん、まだ見たことがないという皆さんにも、是非存分に楽しんでいただきたいと思います。
本当に素適な大晦日となりました。ありがとう、博クン!
そして、スタッフの皆様、本当におつかれさまでした。心より感謝です!

さて、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今年は、上記のようなアコースティック・セッションの機会を、色々な場所で、できるだけ作っていきたいと思っています。これは、自分自身に立ち返る最も良い方法であるのと同時に、新たなヒラメキがたくさん秘められている場でもあります。まず自分らしく。そしてそこから枝葉を広げる。そんな風にやっていかれればと思っています。
ちょうどタイミング良く、1/6&7には一人弾き語りがあります。一人なので、より自分自身さらけ出し(?)ともなりますが、楽しみです。皆さん、またお会いしましょう☆
[PR]

by Blues_n_Boogie | 2007-01-02 01:21 | 一般